求められる中高年の就職【徹底】研究ナビ

*

中高年は企業の本音を見抜くことが大事!

af9920044715l
 
 一般的に中高年を求める求人は少ないとよくいわれます。職業紹介の専門家であるハローワークの担当者もそういいます。

 しかし現実には若手向けと中高年向けの転職案件の数にそれほど差があるわけではありません。前述の通り終身雇用制崩壊に端を発した中高年のリストラ、そして転職は、従って雲をつかむような成功話なんかではないのです。

 ですが難しいといわれる背景は確かにあります。それは企業の採用担当者の本音の中に隠されています。ある意味採用担当者の不安とも言えるでしょう。そこでこの背景を知ることによって中高年の転職をより効率的に進める一助とすることにしましょう。

ここがポイント
●求人側が求める明確なスキル像がある
●会社の一員として相応しい人材であるかを最優先する。
●ゼネラリストよりスペシャリストを求める
 これらの採用側の懸念を払しょくできないと、求人案件はあるのに転職は難しくなってしまうのです。

採用側の不安とは?
 
 転職は採用担当者の不安を取り除くことで一気に採用に近付きます。そこで前述した転職をより効率的に進めるためのコツについて少し詳しく解き明かしていきます。
 
 まず、求人側が求めるスキルですが、求職者はこの正体を知らないまま自分のスキルや思いを述べることがよくあります。ここに採用側と求職者側のミスマッチが起こります。その為決して少なくない求人も一つとして手中に収めることができずにいるのです。

 それは採用側も同じことです。とても残念なことです。これも偏に求職者側の場当たり的な転職活動の末路なのです。こうならないためには、転職支援会社等に登録し、その会社から紹介してもらうパターンがいいでしょう。求人側の情報がもっとも手に入り易いからです。
 
 中高年の採用ともなれば即戦力者を望むのは当然のことで、多くの企業が欲することです。しかしどんなに高いスキルを持っていても、それが会社に活かされなければ何にもなりません。

 どういうことかというと、つまり奢りがないかということです。高いスキルを持っている余り、自分さえいれば会社は上向くとばかりに気炎を吐いて、一向に組織に馴染もうとしない、会社のルールに従わない、等といった事態を非常に恐れます。

 そのことから、会社の一員として相応しい人材か否かを最優先するのです。先述したように転職支援会社等から求人側の情報を得る中で、自分が貢献できる内容、謙虚な気持ちを的を得た形で表現することが大切になります。
 
 最後に中高年採用ともなると何でも屋よりも専門の高度で深遠なスキルが求められます。何でも屋、つまりゼネラリストと呼ばれる方は長年会社勤めしているだけで自然と業務のコツが身に付いてくるわけですが、専門で高度な知識、つまりスペシャリストとなるとそうはいきません。

 人並み以上の学習と追求、調査・分析、更なる探究心を繰り返しながら等しながら身に付いてくるもので、卓越した能力保有者のことを言います。採用側はこうしたスペシャリストを望むのです。これまでの職歴の棚卸をする中でこう呼ぶにふさわしスキルを見つけることが大事です。
 
まとめ
 
 中高年の求人案件は決して少なくありません。即戦力者は昔も今も多くの会社が求めている人材です。

 この傾向は市場がグローバル化しいつ、何処から、どんな規模の金融危機が襲ってくるか分からない時代に合って、その時代を読み解き、先見性と突破口を導き出せる人材は特に魅力的な人材といえます。これは非常に高度なスキルです。
 
 結果、中高年者層に迄採用対象年齢は上向きます。このように中高年を巡る雇用環境は決して悪い訳でないことを念頭に置きながら、先に述べた転職のコツ等を総動員して、ショートカットの転職を実現してください。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
転職成功のノウハウをご紹介

公式サイト

公開日:
最終更新日:2014/10/30